フカフカなパンケーキを作る

以前、有楽町駅そばの「シックスバイオリエンタルホテル」というお店で食べたフッカフカのパンケーキがまた食べてみたくなって、自分で再現する事はできないものか?と思い立って作ってみる事にしました。

食べた瞬間にシュワっと溶けてしまうあの食感は、とりあえずスフレパンケーキを目指せばいいのか?と考えて、まずは市販のホットケーキミックスの分量で卵の部分を卵黄と卵白を別にしてメレンゲを作って焼いてみた結果、うーん。

いまいち。重たいなーと感じるパンケーキになってしまい一度めは失敗に終わりました。味は美味しいんだけどな。
トホホです。

で、2度目は少し粉を少なめにして、そこにプレーンヨーグルトと卵黄を。
そしてまた、卵白をレモン汁を少し入れてかためにメレンゲを泡立てて焼いてみた結果。なかなか似ているものができました。
普通のパンケーキよりも少し強めに焼くのも忘れちゃダメです。

プレーンヨーグルトを入れるとモッチリしてしまうのでは?と最初は思ったのですが粉っぽく重くなる事を避けるにはプレーンヨーグルトはなかなかいい仕事をしてくれました。

ホイップバターとメープルシロップをたっぷりかけて口いっぱいに頬張るとホント、幸せな食感と味でした。
ホイップクリームも添えたら更に贅沢になりましたよ。

ちなみに、プレーンヨーグルトを入れるというのも、卵白でメレンゲを作る時にレモン汁を入れるというアイディアはクックパッドのスフレパンケーキのレシピを参考にさせていただいたんですけどね。クックパッド便利〜。

女なのにギャランドゥーが濃い

20代女性です。ギャランドゥーが濃くて、お腹が出るお洋服が着ることができません。もちろん、水着を着ることもできません。

水着を着ることができないので、海やプールに行ったこともありません。友人は泊りがけで海の旅行に行きますが、私は行けません。友人が投稿している海でキャッキャワイワイ楽しんでいる様子が分かる写真を私は自分の部屋のベッドの上で携帯越しに楽しそうだな〜と眺めるだけです。とても惨めです。

毎年、友人と楽しい思い出を共有できないことがとても悲しいです。毎年、夏にこう思います。私も水着が着れたらな〜って。水着を着れたら、友人との思い出も増えるし、こんな惨めな思いもしなくていいんだと思います。男の子との出会いも増えるのかなとも思います。

話は変わりますが、私には彼氏がいました。もちろん一緒に夜を過ごすことになれば、ああゆう雰囲気になることもあります。でも、脱げないのです。明るい場所では絶対に絶対に脱げないのです。

本当は私も彼とそうゆう時間を過ごしたいと思っていても、お腹の毛のせいでためらってしまいます。彼氏の行動を拒否してしまいます。傷つけてるんじゃないかって不安にもなりますし、私なんかと付き合ってるばかりにって、別れたくもなります。本当に苦しいです。

毛がなければ、真っ暗じゃなくても、体が見えるくらいの明るさがあっても、彼とスキンシップを取りたいものです。今はもう別れてしまいましたが、別れた原因の一つにもなっています。

それで、私は意を決して永久脱毛を受けに行くことに決めました。やっぱり恥ずかしかったのですが、それでも勇気を出して行ってみました。クリニックは、口コミが良い水戸中央美容形成クリニックにしました。

そして、施術を受ける日当日。施術をする前に「変化を記録するためお腹の写真を撮らせていただきます、お腹を出してください。」と言われました。本当に嫌でした。でも、仕方ないので出したのです。すると「わ!すごいですね!w」と少し笑われました。本当に傷ついた瞬間です。もう諦めてしまいました。